忍者ブログ

トトロのトポス

自由の森学園図書館情報

   
カテゴリー「卒業生便り」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

野兎の眼     (385)

2期生の松本典子さんから葉書が届いた。松本さんの写真展『野兎の眼 東京展』3月13日(火)~3月25日(日)CROSSROAD GALLERY (新宿区四谷)への案内である。



「奥吉野の村の秋祭りで出会った14歳の少女を、10年かけて撮り続けた写真集『野兎の眼』から厳選したプリントを展示。まっすぐなまなざしを持った少女が、思春期をへてやがて大人になり母となる過程を、吉野の風景や日常の断片とともに鮮やかに映しとる。」



松本典子さんは1999年、第14回「写真ひとつぼ展」グランプリを受賞。これまで写真集『うさぎじま』(早川書房)『野兎の眼』(羽鳥書店)、写真絵本『うさぎ うさぎ こんにちは』(福音館書店)などを刊行している。

松本さんというと、私は思い出す。現在の「VOICE」の前前身に「ナルニアだより」という冊子があった。その表紙の2代目の担当者が典子さんだった。その表紙担当の最終号。私はびっくりした。彼女は一部ずつ違う美しい彩色の表紙(ケント紙使用)、初版200枚分を描いて持ってきたのだ。なんと素敵なアイディアとセンスなんだろう、と私は思った。
PR

フルートの音色     (386)

15期生の浅尾真美さんが奏でるフルート、…その、心、あらわれる音色のCDが、2枚寄付された。



『Carme』(エネスコ/カンタービレとプレスト、グルック/精霊の踊り、サン=サーンス/ロマンスop.37、ボルヌ/カルメンファンタジー=フルート浅尾真実、ピアノ佐藤史)と『Twinkle Stars』(バッハ+グノー/アヴェマリア、アーレン/虹の彼方に、加藤泰徳/lolosoju、ドビュッシー/月の光、イギリス民謡/アメイジング・グレイス、モーツァルト/きらきら星変奏曲=フルート浅尾真実、ピアノ佐藤史)。

実はMamiさんのフルートリサイタルが、本日、「杜のホールはしもと」(神奈川県相模原市 橋本3-28-1 ミウィ橋本7・8F)で、開催される。(18:30開場 19:00開演)

手に取られている、TUNE ②   (422)

昨年の春、自由の森学園を卒業生した24期生から卒業後4年半経つ20期生までの、それぞれの「今」と「今」につながる「自由の森」について書かれた手紙(原稿)で編まれた小冊子-『TUNE』(チューン、小森谷翔平・野原直路・神座 想・中島大地編集)の2号が1/10に発行され、3刷に達した。



今回は、山梨・都留文の学生特集。中でも、13pに及ぶ都留文・自由の森学園卒業生グループによる「都留※座談会」一挙掲載は読みごたえたっぷりである。また、「看護系」に進んだ卒業生の「いのちと向き合って生きる」「私の歩む道」は、その方向を志望する在校生には参考になると思う。今回も卒業生の多様な「今」と「今」につながる、それぞれの「自由の森」がうかがえてなかなか面白かった。

うたう      (448)

24期生(2011年3月卒業)の合唱CDを頂いた。2枚組。Disc1フィエスタからケ・サラまでの17曲、Disc2賛歌からマイ・ウェイまでの18曲。



表紙を初めとしてイラストは平山 寛君(24期生)の作品。飯能第二小学校前(国際興業バス)の停留所や教室、「千歳屋」の看板等が描かれている。原画はこれから図書館に寄付されるとのこと。覚君、ありがとう。

三陸復興カレンダー      (458)

大阪の箕面市で中学校の司書をしている1期生が「三陸復興カレンダー」をわざわざ送ってくれた。ありがとうございます。ずいぶん昔に卒業しても遠く離れていても自由の森を気にかけてこうして便りをくれる、それが実に嬉しいし、ありがたい。

で、このカレンダーが本当に素晴らしい。表紙にはこう書かれている。「鎮魂と祈りの民俗芸能―人々は幾たびも災いを乗り越えてきました。ふるさとの心をつなぐ 祭とともに―三陸復興カレンダー」



企画・発行の「東日本大震災被災地支援チーム SAVE IWATE(セーブイワテ)」のwebにはこうある。「この度の震災により、多くの芸能団体が尊い命と共に道具や衣装を失いましたが、御魂の供養をと、お盆の頃からわずかに残った道具を持ち寄り活動を再開している団体が多くありました。仮設から通って太鼓を叩き始める人、泥に埋もれた山車や道具を洗い清める人、それはまさに鎮魂と祈りの姿でした。三陸沿岸の人々はいま、震災を乗り越えるために歩み始めています。カレンダーを見る時、三陸復興に思いを寄せていただけましたら幸いです。」

岩手の三陸沿岸は12の市町村がある。このカレンダーは、各市町村から1つの民俗芸能を選定し12か月で12の民俗芸能を紹介している。その素晴らしい写真とともに例大祭などの開催スケジュール情報も掲載されている。



購入は、いわて産直ネットストア「でんでんむし.com」、盛岡のネットスーパー「おでんせモール」、盛岡手づくり村が出店する「楽天」、SAVE IWATEが出店しているアマゾンから。1部1000円(税込・送料別)。収益は、SAVE IWATEが行う沿岸被災市町村支援のための活動資金、及び、その一部は、ふるさと岩手の芸能とくらし研究会が取り組んでいる「岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金」に寄付される。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[03/15 Matsumoto Noriko]
[02/26 chako]
[11/05 poka]
[08/14 ゆう△の□×]
[06/17 mui]

最新TB

プロフィール

HN:
トトロ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- トトロのトポス --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]